Last modified 3 years ago Last modified on 08/14/14 02:24:25

H2k6風 検索志向データベース型オーディオプレーヤ Lutea

Latest Version: 1.11 (2014/08/14)

スクリーンショット


説明

Luteaは、 「一万曲でもサクサク気持ちよく検索できること」 をテーマに開発しているWindows PC向けオーディオプレーヤです。

  • 動作環境
    • Windows xp 以降
    • .Net Framework 4
  • 主な機能
    • H2k6形式のライブラリ機能
    • SQL正規表現およびmigemoによる検索
    • H2k6形式のクエリファイル(.qファイル)による動的プレイリスト
    • CUESheet, Internal CUESheetにネイティブで対応
    • 多種のコーデックに対応
      MP2, MP3, WMA, OggVorbis, AAC(mp4/m4a), AppleLossless, Monkey'sAudio(ape), FLAC, TTA, WavPack, TAK あたり
    • 多種のタグに対応
      ID3V1, ID3V2, WMA, Vorbis, MP4, APETAG, FLAC
      • Multiple valuesに対応
    • ジャケット画像表示対応
      タグ埋め込み画像, folder.jpg
    • ギャップレス再生
    • ReplayGain対応
    • WASAPI共有/排他 出力対応
    • プラグイン機構 下記のプラグインが同梱されています
      • 標準GUI
      • WebベースUI
      • last.fm scrobbler
    • プレイリストビュー内でのviライクなキーバインド
    • 元のファイルは一切変更しない
  • 足りない機能
    • zipとかの読み込みできません。
    • EQ、ASIO対応していません。
  • 使い方
    • 全てのファイルを展開してLutea.exeを実行してください。
    • メニューバーのライブラリ → ディレクトリの追加... からファイルを取り込みます。
    • クエリ入力欄
      画面下の長いテキストボックスがクエリ入力欄です。
      この内容からプレイリストが生成されます。
      クエリ文字列詳細
    • ショートカットキー
      • プレイリストビュー
        • H,J,K,L = カーソルの移動
        • Shift+J = 次のアルバムの先頭トラックまで移動
        • Shift+K = 前のアルバムの先頭トラックまで移動
        • Ctrl+J = 選択中のトラックを再生
        • Ctrl+M = 選択中のトラックを再生
        • Ctrl+N = 次のトラックへ
        • Ctrl+P = 前のトラックへ
        • gg = プレイリストの先頭へ
        • G = プレイリストの末尾へ
        • / = クエリ入力欄に移動
        • 0~5 = 選択したトラックの評価を★n個に変更
      • クエリ入力欄
        • EnterまたはEsc = プレイリストビューに移動
  • 出力について
    • 出力デバイスは,コンポーネント → コンポーネントの詳細設定 → Core で設定することができます。
    • 現在の出力モードはタイトルバーの末尾に表示されます。各モードの意味は下記の通りです。
      • STOP : 停止
      • WASAPI : WASAPI共有モード
      • WASAPIEx : WASAPI排他モード
      • FloatingPoint : 32Bit浮動小数点出力
  • アンインストール

Luteaを展開したフォルダを削除してください。
レジストリは使用していません。

  • ライセンスについて
  • 使用ライブラリ等一覧

ダウンロード

ダウンロードページ


コンタクト

twitter: @gageas

Email: arguments.callee(at)gmail.com